印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


沖縄県には14品目の伝統工芸品があります。(平成24年7月現在、全国3位)

琉球王朝の古都として栄えた首里では、南方諸国や中国の影響(15世紀頃)を受け、絣、花織、道屯織、花倉織、ミンサーなど独特の織物が織られている。王朝風の洗練されたデザインと手織りの醸し出す温かい肌ざわりで珍重されている。

Shuri, which flourished as the capital of the Ryūkyū Kingdom, took on much 15th century influence from China and various countries to the South. Here, unique fabrics such as kasuri, hana-ui, dōton-ori, hanakura-ori, and minsā are woven. Shuri-ori is highly valued for its design with an air of royal refinement as well as its warm texture created through hand-weaving.

絹糸、綿糸、麻糸、芭蕉糸
silk thread, cotton thread, hemp thread, banana fiber thread

那覇市、西原町、南風原町
City of Naha Towns of Nishihara and Haebaru

着尺、帯地、飾布
kimono fabric, obi material, decorative cloth

那覇市伝統織物事業協同組合
Naha Traditional Textiles Cooperative Association


より大きな地図で 沖縄の織物事業協同組合 を表示

〒903-0822 那覇市首里桃原町2-64
電話098-887-2746

2-64 Tōbaru-chō, Shuri, Naha-shi 903-0822
Phone: 098-887-2746

www.shuri-ori.com